自分に自信がある男になる
(自分のことが好きになる)ために






■自分のことが好き=自分に自信がある

自分のことが好きかどうか、回りの友人とそんな話になったことがありますが

「好きではない」という方がほとんどでした。

自分のことが好き=自分に自信がある

ということになると思うのですが

このような方は、女性にもモテるし

男性からも尊敬されたり、「すごい人」「オーラがある」「独特な雰囲気がある」

などと思われている場合が多いかと思います。



■では、自分を好きになり、自信に満ち溢れた自分になるにはどうしたらよいか?


私自身、以前の自信のないころの自分にとっては、すごくハードルの高いことのように思いました。

でも大丈夫です。克服する方法はいろいろあります。



メンタル面から根本的に自分を変えようと思うと、とても大変になってしまうのですが

自信がなくても、行動から変えて、自信がある振る舞いをしていくことにより

周りにも好影響を及ぼし、徐々にではありますが、メンタル面も変化していきます。まずは行動からです。





【具体的には】

■大きくてパワーのある声を出す


■歩くときも胸を張り、目線もやや上を見る


■相手の目を見て話し、目は自分から絶対にそらさない、強いアイコンタクト

日常的に練習できます。男女の区別なく自分から目をそらさない練習をします。

目を見るのが苦手な方は、相手の鼻の頭や眉間でも良いです。


一般的に、女性は男性よりも目をそらさない傾向があります。


■愚痴、弱音は絶対言わない

生きているのが楽しい、仕事も楽しい、ポジティブでエネルギッシュな男である。


■動作はゆっくり、話すスピードもゆっくり

何事にも動じない余裕、自信があるから全てゆっくりでいいんです。


■最低限の清潔感

手がきれい、爪の間の汚れ、汗臭さ、口臭などがない。


■ひやかす、からかう、かまう、ちゃかす、バカにする

このようなことをする男があまりいないせいか、なぜか魅力を感じてくれるようです。

また、これらのことを実践することで、女性より立場、レベルが上であることを構築しやすくなります。


■女性の呼び方は「おまえ」で十分

最終的に全てを決断し全責任を取るのは男である。女性はそれに従うというのが原始時代から根本的には続いている。

レベル、セルフイメージは男のほうが上、というマインドでなくてはならない。

「おまえ」と呼ばれて気分を害する女性は当然いる。

しかし

「あなたからそう呼ばれるのは仕方ないかな、他の男からはいやだけど」

そのように思われる立場を構築する努力をすることが大切。


女性に自分よりレベルが低い、立場が低いと思われた男は相手にされなくなります(恋愛対象から除外されます)。


「おまえ」と呼ぶタイミング(これ実話です)





このうちのできそうなことを4つ、1ヶ月間実行すれば

周りからかなり変わったと注目されるはずです。

頑張っていきましょう。




■自分に自信を持つ・人に自信を持たせるために
日常できる簡単なこと

メンタル面から根本的に絶対的な自信がある男になる

■大切な人が末期癌で余命数ヶ月と宣告されたら… どうしますか?
絶体絶命のピンチでも動じない自信と根拠
《周囲の人たちとは一線を画した自信に満ち溢れた生命力のある強い頼れる男》




魅力的な男とは?コンテンツTOP





優良出会い系サイト分析
トップへ